【A HotDocument】 トップ

>

Java対応版


Java統合開発環境対応版
仕様書作成ツール【A HotDocument】

仕様書作成ツール【A HotDocument】は、VB/VC/C#/Accessに加え、Java統合開発環境に対応しています。
Java標準の仕様書作成ツールJavaDocでは、得られない多くの仕様書を自動作成できます。
また、Visual Studio、Officeなどから自動作成した仕様書と統一した形式になっているため、Javaのソースファイルから大変見やすく簡潔な仕様書を得ることができます。

Java対応版 【A HotDocument】製品概要

製品説明

【A HotDocument】とはをご覧ください。
製品の概要、使用方法、製品ラインナップを紹介しています。

製品一覧

Java統合開発環境対応版は、以下の製品があります。
各Java製品をクリックすると、生成されるドキュメントの種類/動作環境が表示されます。

製品名価格(税別)対象ファイル
ドキュメント自動生成ツール【A HotDocument】 for Java
for JBuilder39,800円JBuilder6/7/8/9/X/2005プロジェクトファイル
for WebSphere Studio39,800円WebSphere Studio等で作成されたソースファイル
for Sun ONE Studio39,800円Sun ONE Studio等で作成されたJavaのソースファイル
for Oracle JDeveloper39,800円JDeveloperで作成されたJavaのソースファイル
for JDK39,800円JDKに準拠したJavaのソースファイル
for Eclipse-Java39,800円Eclipseで作成されたJavaのソースファイル
ドキュメント自動生成ツール【A HotDocument】 for Visual J#
for Visual J# 200539,800円Visual J# 2005プロジェクトファイル
for Visual J# .NET39,800円Visual J# .NET 2002/2003プロジェクトファイル

【A HotDocument】 Studio (全56製品含む)

製品名価格(税別)対象ファイル
スイート製品
Studio2.0【A HotDocument】Studio2.0 148,000円シリーズ全56製品のファイル

価格、注文書、購入方法

各製品39,800円(税別)になります。
既に各対応版をお持ちのユーザには、バージョンアップ価格として19,800円(税別)にてご提供させていただきます。
注文方法、注文書はこちらをご覧ください。
また、複数の言語をお使いの場合は、大変お買い得な全製品をパッケージした【A HotDocument】Studio2.0【A HotDocument】Studio2.0もございます。

ドキュメントギャラリー

Excel/html/chm形式の各種ドキュメントを、ドキュメントギャラリーにて見やすく展示しています。
ドキュメントの画像をクリック1つで簡単にご覧いただけます。

ドキュメント出力サンプルのダウンロード

【A HotDocument】から自動生成された、ドキュメントの出力サンプルをダウンロードできます。
生成されるドキュメントの豊富さ、綺麗さがご覧いただけます。

製品内容

Java統合開発環境および、Visual Studio、Officeで統一した仕様書

多くのJavaユーザが使用している、Java統合開発環境に対応した事によりVisual Studio、Office対応版仕様書作成ツール【A HotDocument】で、自動作成された仕様書の統一を図ることができるようになりました。
仕様書作成ツール【A HotDocument】を使えば、システム開発で使われている全ての開発言語から、同じ形式の納品用仕様書が生成できます。

Java標準ツールJavaDocでは得られない高品質な仕様書

仕様書作成ツール【A HotDocument】は、ソースファイルより数十種類の高品質な仕様書を自動生成します。
Java標準の仕様書作成ツールJavaDocでは、得られないメソッド一覧表、インターフェース説明書、コメント行、実行行の情報など納品物件に必要な情報を出力します。
また、Excel形式に出力されるためJavaDocのHTMLでは表現できない、洗練された仕様書になります。
それに加え、JavaDocのコメント規約にも対応していますので、お手持ちのJavaソースファイルをそのまま使えます。
多くのJavaユーザは、開発途中にはJavaDocを使い、納品用には【A HotDocument】を使って綺麗に仕様書を出力しております。

ユーザの方々の強い要望から、Java対応版【A HotDocument】

Java言語が一般に広く使われるようになってから多くの時間が経っています。
Javaはサン・マイクロシステムズが開発した事もあり、現在ではプログラム言語の中心にJava言語があります。
そのJava言語は、数々のJava統合開発環境以外にも、JDK(Java Development Kit)などで開発が行なえます。
Java統合開発環境には、JavaDoc(Java Document)などの開発支援ツールが含まれています。
ただ、Java統合開発環境のJavaDocでは仕様書としては足りない部分があり、ユーザの方々の強い要望から、Java対応版仕様書作成ツール【A HotDocument】を販売することになりました。
また、Java言語にきわめて近いVisual J#にも対応しました。